2018-2019年度、紀文 おせちへのこだわり

紀文 おせち

 

2018-2019紀文 おせち 生詰めおせちに生きる伝統の技

紀文料理部門この道40年の料理人「佐藤光利」が語るおせち!

紀文のおせちは、バラエティが豊富!また、料理の品数の多さやお重箱に盛り付けた時の華やかさなど、日本料理でも非常に作り甲斐がある料理になります。
また、おせちには、さまざまないわれがあり、料理は勿論、重箱への詰め方に関しても伝統があります。
今までの経験技術を生かし、自信を持って一品一品こだわってご提供しています。
お重箱に料理を詰めた時の美しさや、料理の詰める時の方向にまでこだわっています。
また、衛生管理については、クリーンな環境で徹底して製造を行っています。
安心安全をお届けします。

 

【2018-2019】紀文 おせち 安心安全へのこだわり

紀文が実施している衛生管理は、徹底したクリーンな環境でおせちを作っています。
また、安全性の確認の為に、商品の品質管理担当者毎日確認を行っています。
安心安全を最優先した、おせちの製造管理と品質面衛生管理面も強化し、管理から出荷まで徹底して行っています。

 

【2018-2019】紀文 おせちのこだわり

紀文おせちは、「冷凍」では無く「冷蔵」でお届けします。
冷凍だとどうしても解凍すると水っぽくなってしまう事がありどうしても味も水っぽくなってしまうので、紀文では、おせちの作り立ての状態をできるだけ提供したいという事で、冷蔵おせちでお届けしていますので、お重を開ければ何もせずにそのまま食べる事ができます。

 

>> 紀文のおせちをチェックしてみる <<

 

紀文 おせち